Close
見出し

XCMGがbauma CHINA 2020に最大規模の屋外展示で参加へ

11-24

[グローバルなハイエンドを求め、明るい未来をリードする]現代世界のアートのパイオニア——徐震時

11-17

成都は公園都市ビジョンのクリーンアップで最高のパフォーマンス

11-30

お勧め 08-06

サボニックスと三谷産業が提携、従業員の認知症の早期予防のためにデジタル認知スクリーニングを導入

三谷産業の三谷忠照代表取締役社長は、次のように述べています。「三谷産業は、サボニックスの認知評価サービスを40歳以上の全従業員に導入しました。これは世界で前例のないイニシアチブです。認知症は日本の超高齢化社会が直面している保健上の問題であり、定年を緩和ないし廃止する長期雇用を採用する日本企業すべてにとって非常に大きな問題となるリスクを抱えています。働けなくなる個人に影響を及ぼすだけでなく、疾患の進行に伴って周囲や家族に及ぼす影響とストレスも甚大です。ただ、認知症は予防できることが明らかになっており、生活様式の変化の見直しや社会的関係の改善によって進行を止めることができます。そして私はそれが早いほど良いと理解しています。日本には「人生100年時代」構想があり、健康寿命を延ばし、長く働けることが重要となっています。当社の約3300人の従業員は、10代から80代後半までと年齢に幅があります。すべ

お勧め 09-28

ソウル半導体、2020 Audi A4にヘッドライトを供給

世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、2020 Audi A4 (B9フェイスリフト)のヘッドライトの昼間走行灯と方向指示器用にWICOP Bi-color (2-in-1) LED製品を供給したと発表した。

お勧め 12-23

UNISOC and CTTL Helped Fibocom to Obtain the World's First Cat.1bis Module GCF Certification

On December 21, 2020, UNISOC, China Telecommunication Technology Labs (CTTL) and Fibocom jointly announced that Fibocom L610-EU module was officially awarded the world's first 3GPP UE category 1bis module (Cat.1bis for short) GCF/CE/NCC certification, which marked that the Fibocom Cat.1bis module equipped with the UNISOC 8910DM chip has the overseas supply capacity officially.

お勧め 10-21

Xinhua Silk Road:石炭コークス開発と一帯一路エネルギー協力で重要な環境保護の変革

National Energy Administration(国家エネルギー局、NEA)の元副ディレクターでChina Energy Research Society(中国エネルギー研究会)の副議長であるWu Yin氏は、環境を保護し、低炭素で、現地の経済と社会の発展への恩恵は一帯一路(Belt and Road、B&R)の国際協力において重要な留意事項であると述べた。

01-15

BYD Wins the Largest Pure-Electric Bus Order outside of China

Bogotá, Colombia - BYD is proud to announce that it has exclusively won cumulative orders to supply 1,002-unit pure-electric buses to the capital of Colombia, Bogotá. This tender was open to all bus technologies, yet BYD won the trust and cooperation of its partners in the fiercely competitive bidding process thanks to its cutting-edge technologies, products and services. This is the largest order

01-22

王の帰還〜Everest Associationがドバイで記者会見を実施〜

2021年1月15日、EverestAssociationがドバイで記者会見を開きました。ブロックチェーン業界のパイオニアである同社の、ドバイでの戦略的展開を支える支店設立を見届けようと、デジタル通貨愛好家、業界の著名人、投資家、大手メディアなどが世界中から詰め掛けました。フォーブスの「中国で最も裕福な人物」に選ばれたこともあるヤン・ビン氏、アラブ首長国連邦三大ビットコインコミュニティのバイス・プレジデント、アジアの金融市場を熟知するデイヴィッド・ラッセル氏などが一堂に会しました。

12-23

UNISOC and CTTL Helped Fibocom to Obtain the World's First Cat.1bis Module GCF Certification

On December 21, 2020, UNISOC, China Telecommunication Technology Labs (CTTL) and Fibocom jointly announced that Fibocom L610-EU module was officially awarded the world's first 3GPP UE category 1bis module (Cat.1bis for short) GCF/CE/NCC certification, which marked that the Fibocom Cat.1bis module equipped with the UNISOC 8910DM chip has the overseas supply capacity officially.

12-08

Bityard получил двойную лицензию от Управления финансового надзора Эстонии на реализацию стратегии соблюдения глобальных нормативных требований.

Аннотация: Bityard получил лицензии на обмен и надзор за электронными кошельками, выданные Управлением финансового надзора Эстонии (MTR). Цель этого шага — повысить правомочность платформы в предоставлении безопасных и надежных финансовые услуг в области криптовалют пользователям по всему миру.

12-16

DeFiの新しいプロジェクト、分散型Coinlist、World News が「TokenSwap」アジア地域の責任者Vivian氏を対象としてインタビュー

DeFiはまだ注目されています、DeFi Pulseのデータによると、141億ドルを超える仮想通貨はMaker、Compund、UniswapなどのDeFiプロトコルにロックされています。しかし、DeFiに対する質疑の声はまだ普遍的に存在しており、多くの反対者はDeFiが借入・貸出、分散型取引所、ボールトの3段階の発展を経験した後、新たな発展目標に欠け、より多くの注目を集めている話題点を失ったと考えています。

12-09

The 2020 OCS to take new forms through upgrading

The 2020 Convention on Exchange of Overseas Talents and the 22nd Guangzhou Convention of Overseas Chinese Scholars in Science and Technology (hereinafter referred to as the 2020 OCS) will be held from December 18 to 19 in Guangzhou, co-hosted by the Ministry of Education, Western Returned Scholars Association and Guangzhou Municipal Government and coordinated jointly by 29 cities including Beijing

© 著作権 2009-2019 ネットワーク情报      お問い合わせください   SiteMap